小さな工事 ~ フルリフォームまで サポート充実のインテリアイダへ

施工実例

▼施工事例の選択▼

施工実例一覧

2023.04.17 
千葉県船橋市 O様邸

担当: 井田R

洗面ボウル取替

洗面台

リフォームのポイント
 洗面室改修に限りませんが、まずは現場調査の上お客様のイメージやご検討されている製品をうかがいお見積りをすることになります。
洗面室は洗濯場や浴室脱衣場を兼用することも多く、家族全員が使用し各自のアメニティ類、洗濯用品、タオルなどリネン類と細々たくさんのモノが存在する場所です。それにより収納力のある製品をご提案することも多いのですが、それとは別に物を増やさずシンプルに暮らすという考えもあり、あえて余分な収納場所を作らないというのも選択肢の一つではないでしょうか。
左写真:一見したところ新しくなっただけで大きく変化はないように見えますが、実はハイパーキラミックという技術により表面が強化され耐傷作用・抗菌作用の機能がプラスされています。また2ハンドルからシングルレバーハンドル水栓に、ゴム栓からポップアップ排水栓になり、見た目もすっきりとして使い勝手もよくなりました。
陶器製品は衝撃で割れたりヒビが入ったりしなければ長持ちしますが、水栓や配管の金属やパッキン類は錆や経年劣化して漏水などの不具合の原因となります。今回は給水湯管、排水トラップも交換して安心して使用できるようになりました。
洗面ボウル:LIXIL/17UEC(ハイパーキラミック)
水栓:LIXIL/LF-B350SY ポップアップ排水トラップ:LIXIL/LF7P

2023.04.01 
千葉県船橋市 S様邸

担当: 小野

介護保険住宅改修費支給の申請工事

建具浴槽

リフォームのポイント
 始めは洗い場床のタイル修繕(ポイント1)のご相談でしたが、入浴時に不安がおありになるとのことで部分改修ではなくユニットバスへの交換となりました。
左写真:跨ぎやすい高さの浴槽、浴槽内での姿勢の維持や立座りの際につかまることのできる手すりを設置。右側の壁には浴槽の出入り時(縦型)と入口までの移動の際につかまれる手すり(横型)も設置しています。
ポイント2・3:跨いで出入りしなくてはならない入口の敷居、濡れて滑りやすくなった洗い場への踏み込みは転倒の心配もありました。脱衣室側は段差が軽減され、浴室側はほどんど解消し床材も滑りにくい素材となっており安全に入ることができるようになりました。
ポイント4・5:トイレ内では衣服の上げ下げや立座りの際の補助となる手すりと、出入りの際につかまる手すりを設置しました。
ユニットバス:TOTO/マンションリモデルバスルームWBシリーズ
リフォームのポイント1

工事前:洗い場のタイルが浮いてしまっていました。

リフォームのポイント2

工事前:脱衣場側も浴室側も段差が高く幅も大きいため、しっかり跨がないと出入りできませんでした。

リフォームのポイント3

工事後:浴室側は解消しているので高さ60mm程度のステップを上がる感じです。

リフォームのポイント4

工事後:下地の不安な壁は補強板を取付け

リフォームのポイント5

工事後:入口脇、出入り用

2023.02.27 
千葉県船橋市 T様邸

担当: 井田R

洗面室リフォーム

洗面化粧台

リフォームのポイント
 現代ではご家庭に最低でも1か所の洗面台があるのは普通になっていますが、実は洗面台の歴史は浅く昭和30年以降からだんだん普及し、それまでは井戸や台所の近くで桶やたらいに湯水を貯めて洗顔していました。壁に固定する陶器製洗面ボウルから始まり、キャビネット付き、ミラーキャビネットとセットになり、昭和60年には大型ボウルとお湯の出るシャワーホース水栓仕様の洗髪できる洗面化粧台がヒット商品となりました。さらに収納力、使い勝手、お手入れ性など進化を続け、サイズやバリアフリー仕様などバリエーションが増えて今日のようにスペースや用途に合わせての選択の幅も広がったのです。
 T様邸では洗濯スペースと浴室前脱衣場を兼ねた洗面室で、洗濯機防水パンと洗面化粧台との間に既製品の隙間収納家具を設置されていました。今回のリフォーム工事では幅750㎜の収納力があり水仕舞いよく工夫された洗面化粧台と壁側に同じシリーズの幅150㎜のトール収納に交換しすっきりと収まりました。
天井・壁クロス、床CFシートを張り替えて明るく使いやすい洗面室となりました。
タカラスタンダード/ファミーユ

2023.01.20 
東京都文京区 U様邸

担当: 井田 M

バルコニー目隠しフェンス設置

外構

リフォームのポイント
 大型バルコニーは、お部屋の延長としていろい活用でき、窓越しに見て床の続きで広がりを感じさせるというメリットもありますが、U様邸では通りに面しているので視線が気になるところでした。
左写真/工事後の様子:高さのある塀にしてしまうと圧迫感があり室内への風通しも悪くなるので、既存の塀を利用し横格子フェンスをバルコニー床面から1950mm高さに設置しました。
塀の間にあった縦格子フェンスを撤去して(ポイント1、2)上部は端まで格子を通し、違和感なく高さを出したデザインとなりました。
テーブルやイスを置いて寛ぎスペースとしたり、洗濯物を干したり気兼ねなくできます。
また、掃き出し窓もカバーされるので室内への視線も少なからず遮られます。
 2階にあるバルコニー(ポイント3、4、5)も広さがあり、ちょっとした庭のような存在です。
こちらはペットがうっかり飛び出してしまわないように、高さ1850mmの足がかりとならない縦格子で囲いました。
横格子、縦格子ともに:LIXIL/コートライン
リフォームのポイント1

工事前の様子:塀の間に縦格子が入っていました。※格子で適度に見通せることは侵入者などへの防犯になります。

リフォームのポイント2

工事中の様子:既存の縦格子を撤去したところ。バルコニー床面は400㎜ほど上がったところになります。

リフォームのポイント3

2階バルコニー工事前の様子

リフォームのポイント4

工事後:外から見た様子。既存縦格子は撤去せず壁に沿って内側にぐるりと設置しました。

リフォームのポイント5

2階ベランダ内側の様子:高さのある壁に囲まれるようですが格子なので圧迫感なく風も通り、夏の夕涼みなども楽しめますね。

2023.01.10 
千葉県松戸市 A様邸

担当: 井田 M

外装工事

外壁工事屋根工事

リフォームのポイント
 これまでA様の屋内リフォーム工事を4回にわたりご紹介しましたが、一段落してから承った外装工事のご紹介です。
屋根や壁の材料はもともと高耐久性能ですが天候の影響をダイレクトに受け続け、同時に経年による劣化も進めば性能が落ちてくるのは当然のことでしょう。建物を長持ちさせるためには外装の点検や補修を定期的にすることが理想ですが、実際には屋内の設備の故障(給湯器などの水廻りやエアコンなど)の対応はもちろんのこと、目につく内装リフォームなどが優先されがちです。特に屋根廻りなどは日頃目にしないところなので、雨漏りや雨どいの破損といった不具合が起きてはじめてご相談いただくことも多いのです。
左写真:屋根の塗装後の様子。雨漏りなどはありませんでしたが、足場を架設して詳しく調査をすると破風板は傷んでおり棟板金も手当てが必要な状態でした。施工方法を確定し、高圧洗浄後、屋根廻りは板金工事(破風板カバーや棟板金補修など)、壁部はシーリング工事(サイディング目地、開口部廻りなどの打ち替や増し打)のあとに各箇所養生をして塗装工事となります。
屋根は水性クールタイトシリコン(遮熱性・耐候性などに優れた高性能塗料)、壁はプレミアムシリコン(高耐久性能、環境にやさしい)を塗料として採用しそれぞれ下塗り(シーラー)・中塗り・上塗りと3回塗って仕上げました。
外観も整い、長く安心して住まえるようになりました。
リフォームのポイント1

工事前の屋根の様子:足場を架設して始めてしっかりとした調査ができます。

リフォームのポイント2

傷んだ破風板の様子:このままでは塗装はできませんでした。

リフォームのポイント3

工事後の様子:ポイント2の写真と角度は違いますが同じ箇所。破風板、破風尻を板金カバーしてから塗装しています

リフォームのポイント4

ベランダ防水:洗浄の様子。既存の汚れや劣化した塗膜をケレンし、薬品(アセトン)でふき取りしてから洗浄、トップコート塗り替えしました。

リフォームのポイント5

ベランダ防水工事後の様子。防水層の断裂が無かったので、防水層を保護するトップコートのみの塗替えで完了です。

2022.12.17 
千葉県**市 ***様邸

担当: **

トイレリフォームあれこれ

クロストイレ

リフォームのポイント
 130年以上前、日本初の下水道敷設により横浜の外国人居留地に英国製の水洗トイレ(洋式)が設置されたのが日本の水洗トイレの始まりだそうです。
それから日本独自の和式水洗便器の開発、1923年の関東大震災の復興を契機に下水道が整備され汲み取り式から水洗式が広まり、またしゃがむより座る姿勢の方が体に負担が少ないことや日本住宅公団による団地建設の際に洋式水洗トイレが標準となったことで一気に洋式便器が普及しました。
洗浄便座は欧米で医療用として販売されていたのを輸入販売したのが始まりで、メーカーの研究努力ににより進化を遂げて今のようになったのです。
昨今では、公衆トイレの汚い臭いという忌み嫌われるイメージから、清潔で明るく誰もが使いやすい場所としての改修工事や、新設では使い勝手のほかにデザイン性を推しているところもあります。
同様に一般住宅においても、屋内に一カ所はトイレがあることや水洗式などは普通のこととなり、さらにはほっと一息つける一番小さな個室としての役割も持つようになったのではないでしょうか。
機器の修理や交換工事は第一優先ですが、工期やご予算が許されれば、内装工事も含めた寛ぎの場所としてのリフォームをお勧めします。
思った以上の快適さを実感されることでしょう。
左写真:Panasonic/アラウーノ ※流すたび自動に泡で汚れを洗い流します
リフォームのポイント1

TOTO/ピュアレストEX+ウォームレット

リフォームのポイント2

LIXIL/アメージュ便器+KAシリーズ

リフォームのポイント3

TOTO/ピュアレストMR+アプリコットF3A 共用排水管があるマンションのコンパクトなトイレに。右側に排水管がある場合の左レバーの対応も有

リフォームのポイント4

LIXIL/アメージュ便器+普通便座

リフォームのポイント5

LIXIL/アメージュ便器+Dシリーズ

2022.12.05 
千葉県市川市 I様邸

担当: 井田 M

屋根工事

屋根工事

リフォームのポイント
 当初は、今年6月初めにあった降雹による雨どい破損のご相談でした。
修繕のために足場を架設し、念のために詳しく点検したところ、屋根の破損が多数確認されたのです。(ポイント1)
とりあえずは予定通りに雨どい修理を完了させ、改めて屋根修理としてカバー工法でのご提案、工事の運びとなりました。
カバー工法とは重ね葺き工事ともいい、既存屋根をそのまま残して上から防水シートと屋根材を重ねる工事のことです。※かわら屋根(形状が平らではない、重量があるのでその上に重ねることができない)や下地が傷んでいることが見込まれる屋根には適用しません。
撤去の手間・廃材処分がないので費用が抑えられ、工期もその分短くなります。また、屋根が二重になることで断熱性や防音性が上がるというメリットもあります。デメリットとしては重量が増すことですが、㎡当たりの重さでは過度に心配するほどではありません。しかし、耐震など不安な場合は既存の屋根を剥がす工事をお勧めします。
価格面から別の屋根材のご提案もしましたが、今回は断熱材と遮熱鋼板の組み合わせで優れた断熱性能をもつこの製品をご採用になりました。
ニチハ株式会社/横断ルーフαS
リフォームのポイント1

足場から調査時の様子:昨今ではドローン撮影による調査方法もありますが、なかなか気軽には詳しく屋根の点検はできません。

リフォームのポイント2

工事中:防水シートを張ります。 粘着性下葺き材:タジマ/ルーフィングタディスセルフ

リフォームのポイント3

工事中:下り棟の様子

リフォームのポイント4

工事後:下り棟に棟板金を施工し完成。

リフォームのポイント5

工事後:小屋根もカバー工法にて修理完了

2022.11.21 
千葉県船橋市 O様邸

担当: 小野

配管更新と設備機器取替、内装工事

クロスその他その他(内装)その他(水回り)トイレ洗面化粧台浴槽

リフォームのポイント
 マンションにお住いの方が個々で行う配管更新とは、共用部の給水管・排水管と繋がる各家の配管(給水・給湯・排水 ※ガス管については別途)を新しくすることをいいます。
ほとんどの配管は壁・床の内部にあり、各箇所を解体・復旧工事、表装工事また機器設備の脱着などが必要で大きな工事となりますが、配管の老朽化に伴い漏水が起こりやすくなってくるので、いずれはしなければならない工事ともいえます。そしてお使いの水廻り設備の故障や経年による劣化などから交換の時期とも重なるので、ご検討のきっかけとなることが多いようです。また時間的予算的に配管と機器を一度に交換することは難しくとも、将来設備交換をするときに最低限の工事で済むようなご提案をします。
左写真:タイル仕上の在来型お風呂を天井・壁をパネルで仕上げ、床は新たに防水施工してから(床埋設部の排水管は既存のまま)タイルを張り、浴槽、シャワー水栓、照明、給湯器を交換してすっきりと明るい浴室になりました。
リフォームのポイント1

工事中:浴室から見た洗面脱衣室の床解体したところ。キッチン・洗面台・浴室に給水給湯の配管、トイレ・洗濯場は給水管、共用雑排水管につながる排水管もこの床を通ってそれぞれ交換。トイレの排水は単独で汚水管につながるところを交換しました。

リフォームのポイント2

工事後:浴室入口は引き違い扉でしたが、木枠が腐ってしまったので交換し3枚連動扉を新たに取付。開口幅が広がり軽く開閉できるようになりました。 洗濯防水パン、水栓も交換。

リフォームのポイント3

工事後:便器タンク、便座、アクセサリー類が新しくなり、クロス・CFシートも張替え一新しました。 TOTO/ピュアレストQRシリーズ

リフォームのポイント4

工事後:洗面化粧台を交換し、左側にトイレ、洗面台の壁裏側がキッチンとなっており、配管更新の際に台所水栓も取替えています。 TOTO/Vシリーズ

リフォームのポイント5

工事後:配管は通っていませんが、玄関廊下はクロス、CFシートを張り替え、玄関ドアの室内側を塗装して明るくなりました。

2022.11.07 
千葉県市川市 **様邸

担当: 井田 Y

マンション再販リフォーム

キッチンクロスその他その他(内装)その他(水回り)トイレフルリフォーム洗面化粧台洗面台

リフォームのポイント
 中古マンションの再販目的でフルリフォームを承りました。
全室の内装はもちろんですが、水廻り設備も一新して新築のようになりました。
マンションの設備を交換する場合、共用部の変更を伴う工事はできないため、条件を踏まえ機器を選定することになります。
左写真:キッチンセット交換後の様子。レンジフード左側壁の本体真横に排気口があり、梁も中央付近にわたっているため既存と同じ仕様のレンジフードを採用しました。冷蔵庫スペースを空け横並びに吊戸棚+カウンター収納とカップボードを揃いで設置しています。(ポイント1)
コンロ側の壁側面と廊下からの入口ドアとの間にスペースがあったので、キッチン側からの上部と、入口前通路側から上部はニッチ下部は開き扉という2方向から使える収納を造作しました。(ポイント2)
写真のご紹介はありませんが、北側の居室窓には断熱・遮音効果のある内窓を設置しています(LIXIL/インプラス)
システムキッチン、吊戸棚+カウンター収納、カップボード:
クリナップ/ラクエラ
キッチン水栓:タカギ/蛇口一体型浄水栓LC
リフォームのポイント1

LDK 入口から見た様子:壁を立てず、キッチンのカラーに合わせた格子間仕切りを設置して圧迫感なくキッチンの目隠しにもなっています。

リフォームのポイント2

キッチン側から見た造作収納棚。下部は左面(入口前通路側)より使用できる収納です。

リフォームのポイント3

天井埋込の暖房乾燥換気扇を設置し、浴室を洗濯物乾燥室として利用できます。 清掃性にも工夫された清潔で明るい浴室となりました。 ユニットバス:TOTO/マンションリモデルバスルーム/WBシリーズ

リフォームのポイント4

もともとあるカウンター(配管スペース)を生かし一面鏡と洗濯機防水パン上部には洗面台と色味を揃えた棚を設置。 LIXIL/エスタ コンポタイプ *一面鏡は別メーカー

リフォームのポイント5

便器右側のむき出しの縦排水管を梁囲い造作し、ぶつかってしまうタンクレバーを左仕様に変更して便器とシャワー便座を交換。 便器セット:LIXIL/一般洋風便器+シャワートイレDシリーズ

2022.10.25 
千葉県市川市 K様邸

担当: 井田Y

戸建 水廻りリフォーム

キッチンクロスその他(内装)その他(水回り)建具洗面化粧台

リフォームのポイント
 建築士による設計図をもとにして、戸建1階部分の間取り変更もある大きな改修工事を承りました。
左写真は工事後のキッチンの様子:1.5間ほど横に移動して新規キッチンセットを設置。フロントに配管スペースを確保するために吊戸棚も含めて手前にふかし壁を造作しています。コンロ前は汚れがちなので避けて、ふかした奥行き分のカウンターを設置、キッチンの幅よりも伸ばすことでダイニング側とも違和感なくつながり、ちょっとした飾り棚のような雰囲気に仕上がりました。
ポイント1:もとのキッチンセット(窓面の位置)のあった場所は、外から靴のまま入れる土間に造り替え、天井・壁には断熱材を敷き込み、入口ドアを設置しました。
キッチンとの境は間仕切り壁を立て両開き扉設置したので外との出入りの際に直接外気が入ってくることはありません。
キッチンと続きのダイニングは床暖房を入れ床からの冷え対策、ダイニングにあった大きな腰高窓は撤去し、明り取りと上方にこもりがちな暖気の換気を考慮して天井近くに横滑り出し窓を設置しました。(ポイント2、3)
システムキッチン:タカラスタンダード/レミュー
リフォームのポイント1

工事中の様子:4.5畳ほどの広さのある土間スペースは、外からの荷物の仮置きや倉庫代わりだけでなく風除室も兼ねているので、壁を隔てて続くキッチンへの外気の影響が軽減されます

リフォームのポイント2

キッチン~ダイニング工事中:腰高窓の様子。大きな窓はお部屋を明るくしますが外気温の影響も面積の分受けます。

リフォームのポイント3

ダイニング工事後(ポイント2と同じ箇所):階段下の収納スペース(もとはボイラー室)への入口ドアを新設。天井近くに横滑り出し窓設置。

リフォームのポイント4

タイル仕上の在来型の浴室からユニットバスに取替。手すりを洗い場から浴槽を跨いで壁いっぱいに渡して安心設計。暖かく手入れもしやすいお風呂になりました。 入口は引き戸にして大きく開口。 ユニットバス:Panasonic/リフォムス 洗面化粧台:タカラスタンダード/ファミーユ

リフォームのポイント5

横長の浴室を既成サイズに変更し、並べて洗濯防水パンを設置し上部に棚を取付ました。配管スペースの出っ張り分を利用して収納棚を造作。

TOPへ戻る