小さな工事 ~ フルリフォームまで サポート充実のインテリアイダへ

施工実例

▼施工事例の選択▼

浴槽

2022.03.03 
千葉県鎌ケ谷市

担当: 小野

設備・配管改修工事

クロスその他その他(内装)その他(水回り)トイレ洗面台浴槽

リフォームのポイント
 築50年近くのマンションのユニットバス・トイレ設備交換のご相談があり、配管改修も併せた工事となりました。※古い配管のまま設備交換をすると旧配管への負荷が大きくなり漏水につながる恐れがあります。
給水管は水道メーターより交換となり、隣接の和室押入れ床下から(ポイント3)、玄関ホール床下を通り(ポイント4)、トイレ・洗面室床下へ分岐し、さらに洗面室床下でキッチン(洗面室の壁裏側にある)・洗面台・洗濯場・浴室へと分岐して交換します。給湯管、雑排水管も洗面室床下で分岐してそれぞれ配管を交換しました(ポイント5)。トイレは独立して共用汚水管へ繋ぐフレキ管を交換しています。
在来型お風呂をユニットバスへ交換、便器・洗面化粧台を交換し、洗濯機水栓は新たに取付しました。配管工事箇所の床(下地工事含む)はフローリング・CFシート施工、洗面・トイレの天井・壁は塗装・クロス工事で仕上げました。
配管からの漏水の心配はなくなり安心なお住まいとなりました。
 ユニットバス工事では鎌ヶ谷市『介護保険住宅改修費支給制度』を利用しています。入口段差・浴槽跨ぎ高さ軽減、滑りにくい床材への変更、手すり工事が対象となり費用の助成となっています。
リフォームのポイント 1

工事前:洗面脱衣場の様子 浴室の入り口の段差は脱衣室側150㎜、洗い場側135㎜ありました。

リフォームのポイント 2

工事中:古い配管の様子。右側は浴室

リフォームのポイント 3

工事中:押入れ床下の様子。右側壁隣はメーターボックス、左壁隣は玄関ホール

リフォームのポイント 4

工事中:左側の和室押入れ床下より右側のトイレ・洗面室へ配管している様子。

リフォームのポイント 5

工事中:洗面脱衣室の床下配管の様子。太いグレーの管は排水管、ブルーは給水管、オレンジは給湯管。(細いグレーのガス管は配管改修工事対象外)

リフォームのポイント 6

工事前:浴室の様子。床はタイル張りで滑りやすく、置き型浴槽で跨ぎが高い。

リフォームのポイント 7

工事後:ユニットバス/TOTO/マンションリモデルWBシリーズ 入口の段差は脱衣室側85㎜に軽減、洗い場側ほぼ解消

リフォームのポイント 8

工事後:介護保険対象工事の手すり設置(浴槽出入り用)

リフォームのポイント 9

工事前:隅付きタンク、普通便座

リフォームのポイント 10

工事後:収納扉を撤去、温水シャワー便座、体重を掛けられる棚付き紙巻き器設置。 便器セット+便座、紙巻き器: LIXIL/アメージュZ+KAシリーズ、CF-AA6KUT

2022.02.22 
千葉県松戸市

担当: 井田R

戸建リフォーム ~1期工事 浴室と他設備編~

その他(内装)その他(水回り)トイレフルリフォーム洗面台浴槽

リフォームのポイント
 LDKの居心地良さは食事や家族団らん・お客様のおもてなしには欠かせないものですが、浴室の快適さは家族ひとりひとりが一日の疲れを癒しエネルギーを充填するのに役立つことと思います。
今回こだわりのユニットバスプランにより生まれ変わった浴室は大変ご満足いただきました。
左写真:人間工学に基づき背中や首にフィットする形状の人大浴槽はオプションの『楽湯』(肩に大量の湯、腰に湯を噴出)により血行を促進し体を芯から温め、また見えないところでは『断熱材パック』のご採用で浴槽だけではなく天井・壁・床・防水パン・トラップまで断熱材でカバーされており、浴室内の温度低下や屋外との温度差を軽減しています。
そして浴室と脱衣場(洗面室)と連動した暖房を取り入れたので換気乾燥だけでなくヒートショックの予防にもつながります。清掃性では標準仕様で素材の処理や形状など端々に簡単なお手入れでキレイを保つ工夫がされております。
TOTO/シンラ 1616HKシリーズDタイプ
リフォームのポイント 1

工事前の様子:使用に差し支えはありませんが、経年による古さは否めません。

リフォームのポイント 2

完成後:手すり兼用スライドバーはシャワーの位置を自由に固定できます。天井・壁はホワイト系で明るく、浴槽と床は重厚感のあるダークブラウンでメリハリのある素敵な空間になりました。

リフォームのポイント 3

工事前:タオル類の保管は別に棚がありますが、洗濯に使う洗剤類や化粧品・ケア用品などは洗面台・洗濯機廻りに置いておくので収納が少なく乱雑になりがちでした。

リフォームのポイント 4

防水パンは撤去しワークスペースカウンターを設置。トール収納キャビネットをプラスして収納力のある洗面化粧台になりました。 TOTO/オクターブ2段引き出しW750+サイドオープンスライドラックW150 アイカ/ゲートスタイルカウンター

リフォームのポイント 5

手洗い付きタンクから収納+手洗い器へ。木目ダークブラウンで揃えて落ち着いた雰囲気になりました。ハンドグリップは立ち上がりを補助します。 TOTO/レストパル

2022.01.31 
千葉県船橋市

担当: 小野

ユニットバス工事

その他浴槽

リフォームのポイント
ユニットバスからの交換なので大きな造作工事もなく、脱衣室のクロス張替えやCFシートなど内装工事もしない前提で撤去を慎重に進めました。
左完成写真:標準仕様のシャワーバーは手すり兼用でお好みの高さや角度にシャワーヘッドを固定できるので、立っても座っても気持ちよくお湯を浴びることができます。全体にホワイト系で明るく、木調のアクセントパネルが温かみを添え、癒しの空間になりました。
ポイント1/工事前の様子:入口敷居の跨ぎが高く10cm以上あり、浴槽も深く高さがあるので支えが欲しくなるようでした。
ポイント2/工事中の様子:既存ユニットバスを撤去し配管を切り回したところ
ポイント3/完成後:浴槽は跨ぎやすい高さになり、洗い場床はクッション性があり膝をついても痛くなりません。また乾きやすく、汚れが落ちやすい性能がある面材です。
ポイント4/工事中:既存クロスにも影響なく、枠を取り付ければ完成です。
ポイント5/入口の段差は敷居の厚さ分に軽減されました。
ユニットバス/TOTO/マンションリモデルバスWYシリーズTタイプ
リフォームのポイント 1

工事前

リフォームのポイント 2

工事中

リフォームのポイント 3

完了後

リフォームのポイント 4

工事中:枠取付前

リフォームのポイント 5

完了後

2020.08.24 
千葉県鎌ヶ谷市

担当: 小野

浴室改修工事

その他(水回り)浴槽

リフォームのポイント
介護保険の住宅改修費支給制度を利用して浴室改修をしました。
対象工事の9割~7割を20万円の限度として支給されます。
事前申請が必要で、指定の申請書、ケアマネージャー作成の理由書、工事前写真、見積書等の資料を提出し、審査確定してから工事を進めます。少々時間と書類作成などの手間がかかり、工事代金すべてをまかなえるとは限りませんが、最高で18万円(1割は負担)支給されるので助かります。
また、市によって名称や内容は異なりますが、介護保険の支給制度とは別に助成制度があるので、該当すれば利用できます。
今回M様邸では浴室改修工事のうち、浴槽跨ぎ高さの軽減、洗い場床を滑りにくい素材へ変更、入口の段差軽減が支給制度の対象工事となっています。そして鎌ヶ谷市の『すみよいすまいづくり助成事業』(浴室、階段昇降機、手すり工事で介護保険法による住宅改修費の給付が受けられない工事を対象に2分の1を補助*上限あり)を利用して、給湯器を交換しました。
左写真:浴槽の跨ぎ高さは洗い場側から15㎝、浴槽側から7㎝軽減され、かなり出入りがしやすくなったと思われます。
ユニットバス:TOTO/マンションリモデルバスルームWTシリーズ
リフォームのポイント 1

工事前:2ハンドルシャワー水栓でしたが、1か所ひねるだけの節湯水栓になりました。(制度対象外)

リフォームのポイント 2

工事前:浴室側から脱衣室に出るドアの跨ぎが10㎝くらいありました。

リフォームのポイント 3

工事後:ほとんど平らになりました。

リフォームのポイント 4

工事前:脱衣室側からのドアの跨ぎは11㎝ほど。

リフォームのポイント 5

工事後:枠の厚さ分の3㎝くらいに軽減されました。

2020.06.05 
東京都江東区

担当: 井田R

建具を大きく変更しました

キッチンクロスその他その他(内装)その他(水回り)トイレフルリフォーム建具洗面台浴槽

リフォームのポイント
 天井・壁クロス・床材の張り替えや水廻り設備の取り換えだけではなく、少し不便に感じていたところなども改造しました。
左写真はリビングダイニングと隣接している洋室との間の3枚引違い扉です。既存は壁と右端に片開きドアで仕切られていました。壁と扉枠を撤去し補修。天井際の壁に沿ってキッチンの排気ダクトが配管されているので避けて扉枠を新設しました。(ポイント1)右側に2枚の扉を引き込んでしまえば、1間ほどの開口になるのでリビングと空間がつながり広がりを感じさせます。(小窓写真)そして室内には、半間の両開き扉の収納がありましたが、撤去して新たに広く収納を造作。(ポイント2)3枚引違い扉の洋室側に本棚を置くようにスペースを作り、リビング側から利用できるようにしました。
 また、廊下を挟んで洗面室の向かいにある収納小部屋の入り口は、短手に内開きドア(廊下面)だったので、対面の奥とドアを避けた片側長手面しか利用できませんでした。今回、長手となるリビング側に入り口を設けることで短手面の左(廊下側)右(奥側)と正面長手面とを使うことができるようになり、右(奥)側には3段の棚を造作しました。(ポイント4)引き戸なので内側(小部屋)外側(リビング)ともに扉の開閉を気にせずに使用できます。(ポイント5)
リフォームのポイント 1

工事中:LDと洋室の間仕切り壁、扉枠撤去し既存床材を剥がしたところ。天井際にダクト管が見えます。

リフォームのポイント 2

工事後:洋室内の新規収納。扉と収納の空きスペースにお手持ちの本棚を設置(3枚扉の2枚を右端に引き込んでいる)

リフォームのポイント 3

工事中:リビング面の壁を解体し新たに壁と入口扉枠を造作。廊下面にあった入口は枠を撤去し、壁を造作して塞ぎました。

リフォームのポイント 4

工事中:収納部屋内部に壁を補強し棚を造作設置

リフォームのポイント 5

工事後:リビング側から収納小部屋入口の様子。気軽に荷物を出し入れできるようになりました。

リフォームのポイント 6

キッチン工事中:キッチンキャビネットもステンレス製なのでカビやニオイが付き辛く丈夫で長持ち クリナップ/ステディア

リフォームのポイント 7

キッチン工事後:人大カウンターで明るく。背面収納のカウンター下は引き出し1段でオープン仕様。分別ゴミ箱が収まります。

リフォームのポイント 8

ユニットバス工事後:ゆったりとくつろげる浴槽が自慢です。TOTO/マンションリモデルバスルーム/WYシリーズ

リフォームのポイント 9

洗面化粧台工事後:既存は1面鏡で右壁に薄型の収納がありましたが、3面鏡裏に収納がたっぷりとあるので壁はすっきりしました。正面に水栓があり水仕舞いにも優れています。TOTO/オクターブ

リフォームのポイント 10

お掃除性、節水、節電は◎の便器タンクと洗浄便座。シンプルな塗り壁調クロスにアンティークタイル柄のクッションフロアシートがアクセントになっています。TOTO/ピュアレストMR+アプリコット(ウォシュレット)

2020.05.16 
千葉県船橋市

担当: 小野

浴室改修工事

クロスその他(水回り)浴槽

リフォームのポイント
 長湯、カラスの行水、シャワー派など入浴方法の好みは人それぞれありますが、汗や汚れを流した後の爽快感は共通して味わえることではないでしょうか。ずっと昔から温泉や銭湯は日本人の生活には欠かせない文化であり、各家庭にお風呂を設置することが普通になってからは、どんどん進化してより便利により快適になっています。
今回採用されたユニットバスのシリーズはまさにその最先端ともいえるでしょう。浴槽は人間工学を応用しリラックスできる形状を追及。身体を支える面を増やし(ポイント5)圧力を分散、包み込むようなカーブで背中に沿い(ポイント4)、もたれた時の負荷を軽減させます。
またシャワーは2種類の水流をヘッドに配置して浴び心地の変化と節水を実現。スライドハンガー付インテリアバー(左写真)は無段階で上下し好きな位置でシャワーヘッドを固定でき、浴槽の出入りや立ち上がり際手すりとしても使用できます.
清掃性にも優れ、随所に毎日の作業が楽に、そしてキレイを保つ工夫がされています。
ユニットバス:TOTO/マンションリモデルシンラWKシリーズ
リフォームのポイント 1

軽くて保温性もある2枚フタ

リフォームのポイント 2

シャンプー中でも簡単に操作できるタッチ式水栓金具

リフォームのポイント 3

工事後の洗面脱衣室:花柄のクロスは明るく温かみを感じます。

リフォームのポイント 4

カタログ抜粋:ヘッドレスト、背中にフィットするカーブが特徴の浴槽

リフォームのポイント 5

カタログ抜粋

2020.01.20 
千葉県白井市

担当: 小野

浴室・洗面室改修、内装工事

その他(内装)その他(水回り)洗面台浴槽結露対策

リフォームのポイント
 ユニットバス取り替え工事では、入口ドア枠を解体・復旧工事が必須で、配管の都合によっては脱衣室床の開口が必要な場合もあります。最低限の内装補修工事で収めることは可能ですが、今まで特に不満なく使っていても、実際に洗面脱衣室の内装や洗面台を一新してみると、こんなにも快適になるのかと実感されることでしょう。
 S様邸のユニットバスはマンションタイプの中では1418サイズと大型です。横長ミラーでさらに広さを感じさせ、アクセントパネル・メタルのシャワーヘッド・手すり兼用のスライドバーは高級感があります。滑りにくく冷っとしない床、各所にお掃除しやすい工夫がされ、プッシュ式操作の水栓・浴槽跨ぎの程よい高さ・姿勢を安定する握りバーなどみんなが使いやすいユニバーサルデザインです。
 洗面台はカウンター式幅120cmでゆったりとしていましたが収納面はやや少なめでした。今回、幅90cmの洗面化粧台と幅30㎝トール収納に取り替え、鏡裏も収納なので化粧品やタオル類、洗剤などのストックも十分に収められるようになりました。
 洋室の内装工事ではクロスの張り替えのほか、調湿性能タイル(ポイント4)と内窓(ポイント5)を設置したことで、絵画を飾るようなデザイン性と結露対策を兼ね備え、快適な安らぎの空間となりました。
ユニットバス:LIXIL/リノビオV
リフォームのポイント 1

施工前浴室:水栓廻り

リフォームのポイント 2

施工前洗面台:1面鏡とカウンター式洗面台

リフォームのポイント 3

施工後:フェイスフルライト付ミラー                          LIXIL/ルミシス/ボウル一体タイプ+トールキャビネット引出しタイプ

リフォームのポイント 4

施工後洋室:LIXIL/エコカラット/デザインパッケージ/ナチュラル5㎡

リフォームのポイント 5

施工後洋室:LIXIL/インプラス

2019.08.23 
千葉県船橋市

担当: 小野

浴室改修工事

浴槽電気工事

リフォームのポイント
ユニットバス取替え工事をしました。
冬暖かく、洗い場床の滑りにくさ、浴槽の跨ぎ高さ軽減、掃除のしやすさなど様々な工夫がされている昨今のユニットバスですが、上級シリーズを選ばれたことで快適さもよりランクアップしています。
また浴室内に換気扇がなかったため、新規設置をご希望でした。
マンションでは外壁を新たに開口することはできないため、換気扇の排気は隣接するトイレの既存通気口にダクトホースを切り回しつなげることで設置することができました。
トイレとの境が造作壁であったことや浴室の天井高さに換気扇本体分とダクト分のゆとりがあったことなどいくつかの条件をクリアできての工事でした。
換気扇により湿気を排出することでカビの繁殖が軽減され、お掃除がいっそうラクになり、キレイを保つことができることでしょう。
ユニットバス/TOTO/シンラWKシリーズ
人工大理石浴槽(ファーストクラス浴槽・お掃除ラクラク人大浴槽・ヘッドレスト)、人工大理石カウンター(お掃除ラクラクカウンター)、ダウンライトなど標準装備
リフォームのポイント 1

工事前の浴室:右側にトイレが隣接。天井に換気扇はありません。

リフォームのポイント 2

工事中の浴室側:トイレ側からダクトホースを配管

リフォームのポイント 3

工事中のトイレ側:窓上の通気口より左側の浴室へ配管

リフォームのポイント 4

工事中のトイレ側:配管部分を梁囲い造作

リフォームのポイント 5

工事後のトイレ側:クロスを張り、違和感なく仕上がりました

2019.06.20 
千葉県習志野市

担当: 小野

新入居リフォーム

キッチンクロスその他(内装)その他(水回り)トイレ洗面台浴槽

リフォームのポイント
全室の天井・壁クロスの張り替え、キッチンセット・洗面台・トイレ・ユニットバス(写真でのご紹介はありません)や照明、建具を交換しました。
床・建具・木部はダークブラウン、天井・壁はホワイト系、アクセントカラーを各部屋の1面の壁に採用し、印象が大きく変わり新しさだけではないN様の新居として生まれ変わりました。
左大写真:リビングダイニング側は紺色、キッチン内は落ち着いた赤でハッチや入口の開口部から赤色がのぞき、着物などに用いられるかさね色目の葡萄染(表:蘇芳と裏:縹色)を思わせる組み合わせです。
ポイント1:リビングダイニングに隣接し襖で仕切られていた和室は畳と間仕切りを撤去しフローリングを張り、洋室として改修しました。
ポイント2:隣り合った洋室2室のアクセントクロスはそれぞれ紺色と赤色です。
ポイント3収納力があり出し入れしやすい引き出し式キャビネット、吸い込みよく手入れ性の良いレンジフードを搭載したキッチンセット。
ポイント4:すっきりデザインの洗面台カウンターのフロントには水ハネに強いタイルでアクセント。
ポイント5:既設の棚側の面は紺色のアクセントクロス、カウンター・棚板・便器の白が引き立ちます。
明るく温かみのある寛ぎスペースとなりました。
リフォームのポイント 1

もと和室の押入れ襖は紺色クロスを張り和モダンの雰囲気に仕上がりました。

リフォームのポイント 2

もともとあったガラスブロックですが、採光だけでなくインテリアとしてもおしゃれですね。

リフォームのポイント 3

システムキッチン:クリナップ/ラクエラ/ダークウォールナット

リフォームのポイント 4

*****ミラー設置前***** 洗面台:TOTO/ドレーナ    モザイクタイル:LIXIL/スマートモザイクシート

リフォームのポイント 5

タンクレストイレ:TOTO/ネオレストRHタイプ/手洗い付ワンデーリモデル

2019.05.28 
千葉県鎌ヶ谷市

担当: 小野

築40年マンション配管改修工事

クロスその他(水回り)浴槽

リフォームのポイント
在来のお風呂からユニットバス設置、給湯器交換と配管改修工事を実施しました。
将来ほかの設備交換を見込んで工事を進めているのでその際の開口や内装工事は最低限に抑えることができます。
築年数の経った集合住宅では配管の老朽化による水漏れ事故が懸念され、実際にインテリアイダにも多くのご相談が寄せられています。
家電製品や設備が、ある程度の使用年数により修理や買い替えを余儀なくされるように、部屋の表装部分(クロスや床材、塗装など)だけでなく、目に見えない(壁の中、床下など)にある配管も同様なのです。
吐水量が減った、水が濁るなどは危険信号。給水管がさびて通り道が細くなったり、さびが水に混ざったりしているのかもしれません。
また、水廻り設備1か所だけ交換するというのもおすすめできません。その付近の配管だけ新しくなり通りがよくなることで、古い配管に無理がかかり亀裂が生じ漏水につながる惧れが大いにあるからです。
今回のように設備すべてを交換しなくとも、既存を脱着して配管を更新することも可能です。
決してお安い工事ではありませんが、安心して20年30年住まえるリフォームをお勧めします。
リフォームのポイント 1

浴室:既設の浴槽・給湯器を撤去、床タイルを斫り配管が露出している様子

リフォームのポイント 2

洗面脱衣室床: 床を開口、既設配管の様子

リフォームのポイント 3

洗面脱衣室床: メーターボックスから玄関脇部屋の押し入れ床、廊下を通り洗面脱衣室へ給水管配管(ブルーの管)

リフォームのポイント 4

浴室側から見た洗面脱衣室床: グレーは排水管、オレンジの給湯管は浴室にある給湯器から台所、洗面台へ給湯しています。

リフォームのポイント 5

洗面脱衣室の床復旧後: クロス、クッションフロアシート施工。 このあと洗面台と洗濯機防水パン、洗濯水栓を設置します。

TOPへ戻る